[Physical Expression Criticism]新しいアートのカタチ オル太『夜明けから夜明けまで』
Due to corona measures, the site may be closed, operating hours may be changed, or advance reservations may be required. Please be sure to check with us before you visit.

[Physical Expression Criticism]新しいアートのカタチ オル太『夜明けから夜明けまで』

上:『超衆芸術スタンドプレー 夜明けから夜明けまで』photo: Kenji Agata


夜明けから夜明けまで

 現代美術のグループ、オル太が東京の下町で工場を会場にした展覧会を行った。オル太は、2009年に結成された井上徹、川村和秀、斉藤隆文、長谷川義朗、メグ忍者、Jang-Ch6人組の集団(アーティスト・コレクティヴ)で、2011年に岡本太郎現代芸術賞の大賞「岡本太郎賞」を受けるなど、近年、注目された存在だ。20152月に、恵比寿・Nadiff a/p/a/r/tのオル太の個展「ヘビの渦」の際に、ゼロ次元の加藤好弘と対談したときに出会った。

 今回の作品『超衆芸術スタンドプレー 夜明けから夜明けまで』は、墨田区の北條工務店の工場内にインスタレーションを設置、そこで映像が上映されるもの。そのインスタレーションは、実は映像撮影のためのセット、舞台美術だった。映像は70分で、登場する、自転車を漕ぎながら語る黒丸眼鏡の中年風男性は、どうやら永井荷風を演じているらしい。というのは、語る内容が『濹東綺譚』らしき内容だからだ。そして登場する女性たち、水商売の女性と客、女装した男性たちのお風呂屋での対話など、全体に大正か昭和初期の雰囲気がある。

 この工場は、京成曳舟駅と東武線の曳舟駅から10分ほど、都立墨田川高等学校の正面にある。ちなみにここは、赤線玉の井「ぬけられます」で知られる漫画家滝田ゆうの母校である。他にも三島由紀夫や土方巽を撮った写真家細江英公、作家宮部みゆきなどを輩出している。

東向島の展示会場。北條工務店の看板の手前 photo:Nobuo Shiga

関東大震災とアート

 この作品は、大正121923)年の関東大震災の後から、この付近の下町を描いたものだ。工場の番地は東京都墨田区東向島3丁目で、向島、つまりかつての私娼街の玉の井があった地域なのだ。赤線玉の井といわれるが、赤線は戦後、公娼制度がGHQにより廃止されたときの風俗営業地域であり、荷風の時代は私娼の街だった。オル太は、そこでの女性との出会いを描いた『濹東綺譚』の荷風を中心に置き、さらに竹久夢二、折口信夫などの文章とともに映像を構成している。

 そのためのセットをこの工場に組み込み、移動レールでセットを動かしながら撮影している。レールを円形に組むことで、回り舞台のようにセットが動き、写される登場人物の周囲で背景が変化する仕組みだ。このセットのデザインは、大正時代の前衛芸術グループ「マヴォ」でも知られる美術家、村山知義の1920年代の舞台『朝から夜中まで』のデザインを元につくられている。

『超衆芸術スタンドプレー 夜明けから夜明けまで』デザイン。photo: Kenji Agata

バラックとカフェー

 関東大震災の後、復興のためにバラックが数多くつくられた。いまの人は、バラックという言葉も知らないかもしれないが、フランス語で小屋の意味、仮設の建造物をさす。実は、小山内薫らが有名な築地小劇場を立ち上げたのも、震災後の復興と人々の娯楽のためだった。そのため建物はバラック建築だった。その築地小劇場で、震災の翌年の大正131924)年、村山知義デザイン、土方与志演出、千田是也出演で、ゲオルグ・カイザー作『朝から夜中まで』が上演されたのだ。この作品は1920年、ドイツのカール・ハインツ・マルティン監督が映画にしている。『カリガリ博士』とともにドイツ表現主義映画の一つとされるが、村山の舞台装置も表現主義といえるものだ。

 また、関東大震災を契機に、民俗学者の今和次郎は「バラック装飾社」を設立し、安価な建築にモダンなデザインを与えた。さらに、考古学に対して「現在」を考える考現学を生み出し、震災後の都市の生活風物を収集・研究したが、これは、後に赤瀬川原平らの路上観察学や「トマソン」に大きな影響を与える。また村山知義ら「マヴォ」のメンバーもバラック建築にペンキでモダンな装飾を施した。この震災によって、多くの煉瓦造りの建物が崩壊した。そのため、コンクリートの上に、煉瓦に似せたスクラッチタイルを貼った建築物が多くつくられた。そして商店では木造にモルタルや銅板などで洋館を模した「看板建築」が盛んになる。だがこれらは現在、失われつつある。

 オル太のメンバーは、今和次郎の考現学を参考に、フィールドワーク(リサーチ)を行い、バラック性の高い村山知義の表現主義的デザインを採用している。

 彼らはフィールドワークでは、カフェーも対象とする。銀座などにパリのカフェをモデルに生まれたカフェーは、当初は喫茶店だったが、次第に接客する女性(女給)が話題になり、作家などが集まった。永井荷風も銀座のカフェー・タイガーに通い、女給をモデルに『つゆのあとさき』(1931年)を書いた。震災後、浅草の私娼の店「銘酒屋」が何軒も玉の井に移ってきた。そして戦後、玉の井などの銘酒屋もカフェーを名乗るようになる。オル太は、こういった、大正から昭和の女性の歴史をふまえて、テキストを作り出している。なお、銀座のビヤホールのライオンも、前身は築地精養軒が経営していたカフェー・ライオンだった。また、カフェー・パウリスタは喫茶店としてまだ銀座に残っている。

『超衆芸術スタンドプレー 夜明けから夜明けまで』photo: Kenji Agata

現在と交錯する

 この映像の物語は、永井荷風をまったく知らない人には、当初、入り込みにくいだろうが、言葉を聞くうちに、関東大震災とその後の街の生活、そして朝鮮人虐殺、カフェーや私娼街の女たちの話であることが少しずつわかるだろう。そして、それが、現代の視点による物語や語りと交錯する。つまり、テキストに基づいた映画とも、演劇を撮影した映像ともいえるが、この玉の井に近い場所の工場を使ったことで、バラック建築のインスタレーションとともに、サイトスペシフィックな作品となっているのだ。

 またこれは、2018年から墨田区北東部を拠点に、地域における「対話」や「学び」をテーマにアートなどの活動を行ってきた「ファンタジア!ファンタジア!生き方がかたちになったまち」というグループが、オル太を招聘して行ったものだ。その活動については、ホームページ(http://fantasiafantasia.jp/)を見ていただきたい。

 私は、以前から永井荷風に関心があり、昨年、『荷風と玉の井 「ぬけられます」の修辞学 』(嶋田直哉著、論創社)を企画して編集した。そのため、この内容は素直に頭に入り、とても楽しく見られた。荷風のみならず、小津安二郎、竹久夢二、折口信夫などのテキストも使われ、小津のパロディっぽい場面も登場する。さらに後半の飲み屋の場面では、焼鳥屋や、現在のバーを取材したらしい話も出てくる。その現在と過去をつなげようという試みも含めて、作品の意味と意義が素直に感じられた。

 出演者は役者ではなく、おそらくメンバーなどの素人が演じ、語っているのだろうが、拡大された画像で文字を読みながら台詞をしゃべる姿にも、現実と虚構の間を行き来し、交錯させた試みの有効性を感じた。

『超衆芸術スタンドプレー 夜明けから夜明けまで』photo: Kenji Agata

新たな可能性

 1920年代という時代、クロノスと、この向島、玉の井という場所、トポスに対する徹底したリサーチとさまざまな引用テキストによって構築された、新しいタイプのアート作品ということができる。

 そしてそれは、関東大震災後という場面を、現在の震災後やコロナの状況と重ねることもできるだろう。バラック建築といえば、東日本大震災後の坂茂らのダンボール建築も連想される。災害後、建築家、美術家、作家たちは、そして街の女性たちはどう生きたのか、朝鮮人虐殺や売春といった社会問題も重ねて、街の過去と現在を読み解く作業といえる。それは当然、現代への問いかけでもある。なお、前述の『朝から夜中まで』に出演した千田是也は、その芸名を、関東大震災の際に、千駄ヶ谷で朝鮮人と間違われて暴行された経験から、「千田(千駄ヶ谷)是也(コーリア)」とつけたといわれる。

 タイのアピチャッポンを例にとるまでもなく、現代アートの世界では、映像のさまざまな活用が試みられており、そこでは映画、演劇、ダンス、音楽などの表現方法も混交して、新たな世界を生む作品が多く生まれている。オル太のこの作品も、そうした新しい表現の中に位置づけられるだろう。「超芸術」ではなく、「超衆芸術」と大衆の「衆」を入れたことが、芸術を超えるのではなく、人々とつながることを目指しているとわかる。

 このような作品によって、地域の人々、アーティスト、若い人や過去を知る高齢者など、この時代を知る人と知らない人の対話が少しでも生まれると、さらに新たな展開がありそうだ。

「ファンタジア!ファンタジア!」

 オル太『超衆芸術スタンドプレー 夜明けから夜明けまで』
 会期:2020117()29() 金土日、23(月祝)のみ開場 10:0019:00
 会場:北條工務店となり(東京都墨田区東向島3-22-10
 入場無料・事前予約制(90分入れ替え制・各回定員15名)
 オル太サイト https://olta.jp/

(文・志賀信夫)

Critic, writer, editor, university lecturer
Member of the Dance Critics Society and the Japanese Society for Dance Research. Specialty: Butoh, dance, art, literature, surrealism, avant-garde art. Many comments and examinations of dance and theatre, talks of dance theatre and art, performance producing, etc. Author and co-author of numerous books such as "Talk with Butoh Dancers","Bigakko 1969-2019", "Research of Takaaki Yoshimoto", Journal"Tosho-Shimbun", "Weekly Dokushojin", magazines"Dancework", "ExtrART",etc. Director of magazine"Corpus". https://butohart.jimdofree.com/https://butohart.jimdofree.com/

Search by Map

Comments

*
*
* (公開されません)