Due to corona measures, the site may be closed, operating hours may be changed, or advance reservations may be required. Please be sure to check with us before you visit.

【Aohitokun's Thoughts】Happy New Year The English version of the site is now open!

【Aohitokun's Thoughts】Happy New Year The English version of the site is now open!

 あけましておめでようございます。

 Tokyo Live & Exhibits も昨年9月下旬にスタート、なんとか年を越せました。これもひとえにみなさまの温かいご支援とアクセスのおかげです。あらためて御礼申し上げます。

 また、当初の予定通りに英語版サイト Japan Live & Exhibits(https://www.japan-live-exhibits.com/)も形になりました。まだまだ骨組み状態ですが、海外へ向けて日本の素晴らしいアートを伝えることができたら、このサイトをキッカケに、日本のアーティストたちが海外のアートファンの目に止まり、さらなる飛躍ができたら、これほど喜ばしいことはありません。

 さて、コロナは感染力をました異種株が出現、イギリスをはじめ徐々に猛威をふるい始め、日本では、ふたたび緊急事態宣言が発動されようとしています。

 そんな中ですが、今日の午後、運動を兼ねて明治神宮へ初詣に行ってきました。

参道はガラガラ
でもなかはかなりの混雑ぶりです
地面には、ちゃんと目印をいれてあるのは、ここがすごいぞ、ニッポン!
表参道は出店が並び、例年と変わらないにぎわいでした。みんな路上で食べたりしてました。

 今年も当分、コロナの脅威は続きそうで、予断を許しません。経済の打撃もさることながら、東京オリンピックはどうなることでしょう。

 あおひと星でも、昔、青カビ病が大流行し、たくさんのあおひと君が、青海が原に召されてしまいました。そのときあおひと君たちがとったことは、ワクチンでも医療でもなく、それまでなおざりにしていた些細なことに感動し、希望を捨てないという、かつての純粋な気持ちを取り戻すことだったのです。あおひと君たちも、その時代は、傲慢で青臭い種族になっていたそうです。

 なんかカルト教団みたいになってしまいましたが、アートは感動を与えてくれます。感動は希望と喜びを与えてくれます。希望と喜びは、免疫力を増強させてくれる、、、ということで!

 では、本年もよろしくおねがいたします。

※明治神宮では、F.アツミ氏のコラム【Art News Liminality】明治神宮の静かな100年祭―「神宮の杜芸術祝祭」と宝物の間から(その1、2)があります。ぜひこちらも御拝読ください。

青二才、青色再生委員会の下級事務官だったが、趣味の星空観測で偶然、青く輝く地球を発見。急遽、枯渇しそうな彼らのエネルギー源のスーパーブルー探査ミッションを命じられ、山梨県青木ヶ原に着陸。あおひと星人は、スーパーブルーの次に感動がエネルギーになるため、アートには少しうるさい。日々、探査ミッションで疲れ、ホームシックになる気持ちを地球のアートで癒す日々が続いている。なお本ブログは、当サイト主宰の関根が翻訳担当だ。https://youtu.be/sDvKr_HYOaE

Search by Map

Comments

*
*
* (公開されません)