[World Music Explore]シエラレオネ、ハイライフとパーム・ワイン・ミュージック

[World Music Explore]シエラレオネ、ハイライフとパーム・ワイン・ミュージック

 アフリカ音楽に傾倒している訳でもないのに、思わずして、数回にわたって書くことになりそうだ。

 今回は、シエラレオネ(共和国、ポルトガル語で「ライオンの山」の意味)。

 シエラレオネは、西アフリカの国で、奴隷制度から解放された人々が定住するようになった国である。

 19世紀初頭からイギリスの植民地となり1961年に独立するのだが、その後10年以上に及ぶ内戦と、HIVによって、現在でも多くの難民がいる。

 そんなシエラレオネの音楽は、ハイライフと呼ばれるアフリカのポップスが多い。

※19世紀からガーナ、シエラレオネ、ナイジェリア、リベリア等西アフリカの英語圏に広まったギター、ジャズ、ブラスバンドなど、ポピュラー音楽の総称。(ウィキペディアより)

 また、イギリス領だったせいか、ジャマイカの音楽から影響を受けたミュージシャンも多くいる。

 僕がとても好きなミュージシャンの1人にS.E.ロージーという人がいた。

 残念ながら、彼はもういない。 

 パーム・ワイン・ミュージックと呼ばれる、アフリカで最も初期の音楽の一つであるポップスのミュージシャンである。

 椰子酒を片手に、なんとも優雅な感じがする(環境保護の観点から椰子農園を反対する人もいる)。

 パーム・ワイン・ミュージックには、独立という時代の雰囲気もあるかもしれないが、その頃流行っていたジャマイカのメントや、カリブ海全体で発達したカリプソなど、楽しい音楽の影響があったのだろう。

 会ったことのない人、行ったことのない国の曲たちなので、聞く方の夢も広がるというものである。 

 パーム・ワイン・ミュージックは、その後、ハイライフなどに変化していく。

 ハイライフはポップスなので、現在ももちろんあるが、パーム・ワイン・ミュージックというような優雅なものは、文化として、今後、ありえるのだろうか。

 現在は、真逆で、シエラ・レオネズ・レフュジー・オルスターズという、内戦の難民たちから出来たバンドがある。

 内戦で、隣国であるギニアに逃れ、それでもポジティブに生きようとしたミュージシャンたちによって結成されたバンドである。

 彼らの音楽は、ハイライフはもちろん、ジャマイカのルーツレゲエに影響されている。

 本場のジャマイカは、ダンスホールレゲエばかりなのに、彼らの音楽はルーツレゲエなのである。

 時代に逆行しながら、世界を魅了したのである。

 ポール・マッカートニー、キース・リチャーズ、エアロ・スミス、アンジェリーナ・ジョリー…を虜にし、2006年のフジロックにまでも出演した彼らは、本当の意味で自分たちのすべきことをしたバンドだと、私は確信している。

 それは、彼らの曲を聞くとすぐにわかると思う。

 ドキュメンタリー映画にもなっているので、興味のある方はぜひチェックしていただきたい。

文・藤井悟

DJ
Since the mid 80's, he has been active in Tsubaki House, P.PICASSO, MIX, 328, etc. as a pioneer of reggae, rock, punk and level music DJ. He specializes in world music repertoire such as mestizo, pachanka, cumbia, rock latino, etc. He has performed at FUJI ROCK FESTIVAL, Asagiri Jam, EARTH GARDEN, etc. Since 2000, he has moved his stage to Europe and America and has performed at STREET BEAT FESTIVAL (Italy), the world's largest reggae festival ROTOTOMOM. In 2017, he published an essay entitled "ASSOCIATIVE THOUGHTS" which explores the gap between history and archaeology.

Search by Map

Comments

*
*
* (公開されません)